歴史」カテゴリーアーカイブ

A級戦犯

最近、米国の傲慢さが鼻につく。

冷戦期にはもちろん防共の観点から仕方ない事に思えた。

日本が、毛沢東やスターリンの様な鬼畜の手に渡り文化の根底まで破壊されるのはどう考えても間尺に合わない。

しかし、70年前を冷静に振り返れば、広島、長崎で一般市民を一瞬で虐殺した原子爆弾投下はアウシュビッツの比ではない大規模虐殺であり、南京大虐殺の様な宣伝戦の結果生まれた虚構の悲劇ではなく正確な資料、戸籍、映像、証言が揃っている。

第2次世界大戦の戦犯筆頭はルーズベルトとトルーマンだろう。

ルーズベルトは欧州戦線に参戦する為に孤立主義の議会を翻意させる必要があり、日本を追い詰めて日米開戦を謀略した。チャーチルとの共同謀議による、「平和に対する罪」である。ヤルタ会談の3者の写真を見て欲しい。20世紀の悪魔の集会、サバトの会談だ。

Yalta summit 1945 with Churchill Roosevelt Stalin

 

トルーマンは差別主義者として知られている。有色人種に原子爆弾を試して戦後の世界秩序でのプレゼンスを確立したかった。そのために日本の女、子供、老人が殺されたのだ。

もちろんトルーマンは「人道に対する罪」だ。

この2人の罪を米国が自ら裁けないで他国に対して人道が〜とか平和が〜とか言っても空々しいだけだ。確かに平和を守るには軍事力が必要だというのは一面の真理だろう。しかし、それは抑止力として行使すべきで、即座に交戦というのは野蛮に過ぎる。それぞれの紛争には歴史的経緯や政治的理由はあっただろうが、この70年間絶え間なく戦争を行って、非戦闘員には法の埒外の拷問も辞さないのが米国である。

 

韓国の韓は征韓論の韓

朝鮮人は漢字を捨て自らの歴史を失った。今の南朝鮮では大韓民国なる国号に誇りを持っているようだが、成立の経緯を紐解けば恥ずかしくて使えないだろう。

誰でもわかるようにこの国名は大韓帝国を引き継いでいる。上海にあって、どこからも国家じゃないじゃんと承認されなかった大韓民国臨時政府がこの大韓とスポンサーだった中華民国の民国をくっつけて、米国の指導で(つまり傀儡で)作られたのが大韓民国だ。

さてこの大韓の大は大清国の冊封体制からの離脱を示すための大で清も明も正確には大清、大明だったのに習ったもの。同様に独立国だから大韓国ではなく大韓帝国とする必要があった。当時の国際社会では日本の天皇陛下が承認することで大韓帝国の君主は皇帝となることができた。

さて、残る韓の一文字だが、誰がどこで選んだのだろうか。

明確な答えがネットで検索しても見つからない。朝鮮語で調べればもっと情報があるのだろうか。
「日本が選んで、勧めて付けた。」という説がある一方、
「当時はロシアに擦り寄っていて日本のいうことなぞ聞くものではない。」とも。

しかるに此の朝鮮国=>大韓帝国への改名に先立ち、征韓論で韓の字が使われているではありませんか!
征韓論のWikiでやっと疑問氷解です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/征韓論

名称

日本書紀の神功皇后紀では高句麗・新羅・百済を「三韓」と呼び、国学思想においては朝鮮半島を下に見る思想があった。これに対して「朝鮮」は太古の伝説から取って李氏朝鮮が使っていた正式国号である。太古の栄光の国号を用いることは北周・宋・西夏など広く見られる現象である。そのため征韓派は好んで「征韓」を用いた。

つまり、「韓」の字は日本の国学派が朝鮮の蔑称、征服、征伐されるべき土地としての名称だった。
朝鮮国王は清国の家来から、大韓帝国皇帝となり大日本帝国天皇陛下の家来となった。
その記憶を今に止める国号が大韓民国でありそれを恥とも思わぬ無知が痛々しい限りです。

via PressSync